このサイトは全国のカプセルホテル情報を網羅しています

このサイトは全国のカプセルホテルだけを紹介しています。まだカバーし切れてないカプセルホテルもありますが、順次に追加していきます。

全国カプセルホテル情報
北海道・東北 関東地方

北海道  青森  岩手  宮城
秋田  山形  福島

茨城  栃木  群馬  埼玉  千葉  東京  神奈川

甲信越・東海地方 北陸地方

山梨  長野  新潟  静岡
愛知  三重  岐阜

富山  石川  福井

関西地方 中国地方

滋賀  京都  大阪  兵庫
奈良  和歌山

鳥取  島根  岡山  広島  山口

四国地方 九州・沖縄地方

徳島  香川  愛媛  高知

福岡  佐賀  長崎  熊本  大分  宮崎  鹿児島  沖縄

きれいでおしゃれなカプセルホテルが増えています。

あなたはカプセルホテルと聞いてどう思いますか?1泊2,000円から泊まれるカプセルホテルですが、最近はおしゃれで、なおかつ様々な充実した設備を備えたところも増えてきました。そのために終電を逃したときや宿泊代を節約したいとき以外にも、最近はビジネスマンの出張や学生、旅行者、それに女性の利用者も増えて来ています。そのために、女性専用のカプセルホテルもあります。

 

また、もともと日本生まれのカプセルホテルですが、今や外国人の利用も珍しくなく、そのため海外にも生まれつつあります。でも、日本ほど治安の良い国はあまりありませんから、これから海外に続々誕生というわけには行かないでしょう。

 

それでも、一度も宿泊経験がないと、何かと不安だと思いますから、そんな方のために、ここではカプセルホテルとはなんぞやというところから説明していきたいと思います。

カプセルホテルとは?

カプセルホテルには通常のホテルのような個室はなく、いわゆるカプセル型の個室が2段に組まれていて、その個室で就寝することになります。その個室はカーテンなどで仕切られており、最低のプライバシーは守られています。遮音性は全くないので人の足音、他のカプセル内での目覚まし時計のアラーム音、他の宿泊客のいびきなどが気になる方にはちょっときついかもしれません。トイレや浴室は共有で、通常は荷物などを入れるロッカーが併設されています。

 

ほとんどのカプセルの中には寝具のほかに照明灯、換気扇、目覚まし時計、ラジオ、小型テレビ、コンセント、などの設備が付いています。その他、カプセルホテルによりますが、アメニティーも充実しているところもあります。これらは宿泊前に要チェックです。

 

宿泊するには予約なしでの飛び込み(ウォークイン)でも利用できるのがカプセルホテルの特徴です。ただし、旅行シーズンやコンサート、スポーツ競技など大規模なイベントなどがある場合は満室になりやすいので注意が必要です。

宿泊前にチェックすることは?

宿泊する前に確認しておけばより快適に宿泊できるチェックポイントをお話しします。

 

1.どのような施設や設備があるか。
風呂やシャワーはるか、食事をするところはあるか、飲み物は?アメニティは?タオルや歯ブラシ、風呂場で使う石けんやシャンプーなどはあるか。ロッカーは無料か有料か、などなど。これらはカプセルホテルによってまちまちですから、事前にチェックしておいた方が良いでしょう。

 

2.もちろん宿泊料の確認も必要です。
というのも直接ホテルへ行くより予約した方が安い場合があるので、その辺もチェックしておいた方が良いでしょう。ただし、価格だけを追求すると、思わぬ安宿を選んでしまいかねません。価格はそこそこで妥協するのもオアすすめです。

カプセルホテルの現状

カプセルホテルが大阪に誕生して40年といわれています。カプセルホテルはできた当初は「安かろう悪かろう」という印象で、仕方なく泊まるという印象でしたが、最近はおしゃれなところもあり、積極的に泊まりたいホテル」へと変化してきました。そして、今や女性の利用客や外人客も増えています。

 

設備も館内マッサージ、マンガが読めたり、無料の動画サービスを楽しんだりとリラックスして過ごせるところまであります。中にはワインやコーヒーの無料ドリンクのサービスが付くところまで現れました。

 

もともとカプセルホテルは鍵がないために男性フロアと女性フロアを分けたりしてきましたが、最近は女性専用のカプセル委ホテルも増えてきています。さらに、快適さと高級感あふれるカプセルホテルも増えてきています。

 

さらに、高級ホテルを運営する会社までもが積極的にカプセルホテルの運営に進出してきています。特に、ラグビーワールドカップ、東京五輪・パラリンピック、さら2025年の大阪・関西万博と次々と来日外国人の増加が予想され、ただでさえ不足気味の宿泊施設が今後ますます逼迫することが予想されています。そういった状況の中、急場しのぎになるのもカプセルホテルです。

 

なにしろ、カプセルホテルは既存のビルを利用して手軽に開業でき、宿泊客が減れば、再び普通のビルとしてすぐに再利用ができる。こんな便利なカプセルホテルは今や日本だけのものではなく海外にも広まろうとしています。

最新ニュース

あの星野リゾートがカプセルホテルに参入。

各施設を利用する場合の注意点

各施設の料金などは変更になっている可能性があります。ご利用の際は各施設のホームページでご確認ください。